リーガエスパニョーラ

【サッカー】リーガの競争力の低さを強調するモウリーニョ監督「マドリー&バルサはプレミアを支配できない」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 07:41:14.18 ID:???*.net
チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、レアル・マドリーを率いて戦ったリーガエスパニョーラが競争力の低いリーグと断じている。

2010-11シーズンから3シーズンにわたってマドリーを率い、2011-12シーズンには勝ち点100を獲得してリーガ優勝を果たしたモウリーニョ監督。
このポルトガル人指揮官によれば、リーガは自身が馴れ親しんだプレミアリーグより競争力で劣っているという。

イギリス『トーク・スポーツ』のインタビューに応じたモウリーニョ監督は、次のようにコメントした。

「私はスペインに滞在したことがあるが、楽しむことはできなかった。勝ち点100&121得点という記録でリーガを勝ち取りながら、
真剣に戦いに臨んだのは、シーズンを通して3~4試合だったからね。勝ち点92を獲得しながら優勝を逃したこともあったが、結局戦ったのは4~5試合だけだった」

「あのリーグでは、常に勝利しなければならないという重圧を感じることになる。勝ち続けなければ決して王者にはなれず、勝って、勝って、また勝たなければならないんだよ。
リーガではビッグクラブと残りのチームの間に深淵なる差が存在するんだ」

モウリーニョ監督にとっては、プレミアリーグこそが最も気を抜けないリーグのようだ。

「ほかの国では休みを取れば試合に勝利することができる。だがスペイン、またはイタリアでは休みながら、次に控える欧州での試合を考えながら勝利を収めることができた」

「今季、我々はブラッドフォード戦で選手を休ませたが、そのために敗戦を喫してしまった。これがイングランドのサッカーなんだよ。
2-0で勝利しているときに1失点を許せば、その後に難しい時間を過ごし、2-2とされる可能性だってある」

「プレミアリーグは息つく暇がない。フィジカル、メンタル両面の高いインテンシティーによってね。プレミアとリーガには大きな差が存在していると思うよ。
バルセロナかマドリーがプレミアで優勝できるか? 可能かもしれないし、無理かもしれない。だがリーガのように支配することはできないだろう」

GOAL 5月19日(火)7時30分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150519-00000040-goal-socc

続きを読む

【サッカー】C・ロナウド、5得点はキャリア史上初 マドリーでの通算得点数は287試合299得点に

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/06(月) 01:35:35.03 ID:???*.net
5日のリーガエスパニョーラ第29節、本拠地サンティアゴ・ベルナベウでのグラナダ戦(9-1)で
レポーケル(5得点)を達成したレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドだが、
5得点は同選手のキャリア初のこととなる。スペイン『マルカ』や『アス』などが報じた。

C・ロナウドは2010-11シーズンのセビージャ戦、2013-14シーズンのエルチェ戦でポーケル(4得点)を記録したことはあるものの、
レポーケルはスポルティング・リスボン、マンチェスター・ユナイテッド時代含めて一度も達成したことがなかった。

過去にマドリーでレポーケルを達成した選手は、フェレンツ・プスカシュ氏、ミゲル・ムニョス氏、フェルナンド・モリエンテス氏など6選手しか存在せず。
加えて、今回のC・ロナウドのようにPKなしで4得点を記録した選手は、リーガ全体の歴史でポルトガル代表FW含めて6選手しかいない。

C・ロナウドはこの試合でマドリー通算得点数を287試合299得点(1試合平均1.05得点)に伸ばし、
クラブ歴代得点ランク2位のアルフレッド・ディ・ステファノ氏まであと9得点、1位ラウール・ゴンサレスまであと24得点と迫った。

なおピチーチ(リーガ得点王)を主催する『マルカ』で、C・ロナウドのマドリーでの通算得点数は1得点多く計算されているが、
これはリーグ公式記録ではないために注意が必要だ。

GOAL 4月6日(月)1時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150406-00000031-goal-socc

続きを読む

【サッカー】モイーズ監督「どうすればバルサに勝てるのかいつも考えていた」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 23:39:47.42 ID:???0.net
リーガエスパニョーラの第17節で、バルセロナを1-0で下したレアル・ソシエダのデイビッド・モイーズ監督。イギリス『BBC』が試合後、同監督のコメントを伝えている。

就任後、リーグ戦での2勝目を挙げた気分を「エバートンの初めの頃に似ている」と表現したモイーズ。

エバートン時代はアーセナルやリバプール、マンチェスター・ユナイテッドいった強豪と競い合っていた。R・ソシエダを率いる現在も当時と同じような境遇にある。

「バルサやレアル・マドリー、アトレティコ、バレンシア、セビージャといったクラブとトップリーグで競い合っていきたい。そのためにはより強いチームを作り上げる必要がある」と、

今後に向けた意気込みを語った。

強敵バルセロナを倒したことについては、以前から頭に思い描いていたようだ。

「エバートンやユナイテッドにいた時もバルセロナについて話していた。彼らの試合を見ていたし、どうすれば結果を残せるかをいつも考えていた」

「今夜、その機会が訪れた。長い夜だった」と、試合を振り返った。開始2分に、ジョルディ・アルバのオウンゴールで先制点を得た後は、88分間そのリードを守り切った。

バルセロナのルイス・エンリケ監督はリオネル・メッシ、ネイマールといった選手をベンチスタートとした。そのことについてモイーズは「予期していた」と話している。

「私もビッグクラブを率いていた。多大な戦力を備え、多くのゲームを控えている場合、選手をフレッシュな状態で保つためには休息を与えることも必要」

この勝利でR・ソシエダは勝ち点を18に伸ばし、13位に浮上した。一方で足踏みとなったバルセロナ。2位はキープしたものの、3-1でレバンテを下したアトレティコに勝ち点38で並ばれている。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150105-00010016-footballc-socc

続きを読む

【サッカー】ハーフナーという悲劇――。今季スペイン挑戦も構想外、日本人FWは何が足りなかったのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 19:23:08.20 ID:???0.net
期待を胸に移籍も低迷するチームで構想外

今季、オランダのフィテッセからスペインのコルドバへ移籍したハーフナー・マイクだが、前半戦わずか出場5試合で0得点。
ジュキッチ新監督の下では構想外が続き、横浜F・マリノスへの移籍が噂されている。

まだ、国内リーグ戦は前期を終了していないが、選手は一時的なクリスマス休暇に入り、今年もまたシーズンの前半を振り返る時期がやってきた。

今季、2014年の前半を振り返った時、個人的に非常に残念だったのは、夏の移籍期間に1部に昇格したコルドバにやってきた日本人選手、
ハーフナー・マイクが活躍できなかったことだ。

コルドバは42年ぶりの1部昇格を決め、10-11シーズンまでオランダでフィテッセを率いていたアルベルト・フェレールがチームを率いており、
11-12シーズンからそのフィテッセで活躍していたハーフナーの実力を買って、今夏の目玉として獲得を決めた。

スペイン移籍はハーフナーの夢であり、まだ外国人枠が埋まっていなかったコルドバからオファーがあった時は、殆ど考えずにその話に飛びついたと本人も話していた。

鉄を熱いうちに打たないことには、外国人枠はすぐに埋まり、あっという間にチャンスは逃げていってしまう。
せっかく手にしたチャンスをふいにすることを恐れたハーフナーの決断は早かった。

シーズン当初、リーガへの期待にあふれていたハーフナーに取材し、対決を楽しみにしている選手はいるかと尋ねたところ、
スペインリーグともあれば、どのチームと戦っても代表選手がいるから…と言いつつも「同い年のレオ・メッシ」との対戦を心待ちにしていると笑顔で答えていた。

だが、今年最後のカンプ・ノウで行なわれたコルドバ戦の召集リストにハーフナー・マイクの名前はなかった。

アルベルト・フェレールがコルドバで成績を出せず解任となり、現在はフェレールに代わってジュキッチがチームを率いているが、
ハーフナーは全くジュキッチの構想外のようだ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141225-00010008-footballc-socc
12月25日(木)11時30分配信

続きを読む

【サッカー】レアル・ソシエダ、モイーズ氏の監督就任を正式発表! 新天地スペインでの再出発

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/11/11(火) 12:00:22.69 ID:???*.net
レアル・ソシエダは10日、クラブの公式ウェブサイトで、新指揮官にデイビッド・モイーズ氏(51)を招へいすることで合意に達したと発表した。

ソシエダは2日にジャゴバ・アラサテ前監督の解任を発表。

モイーズ氏や元ウェスト・ブロムウィッチ監督のペペ・メル氏との交渉に臨み、ジョキン・アペリバイ会長がコンタクトを認めていた。

スペインメディアは10日、モイーズ氏が要求する報酬額がネックとなり、ソシエダは第2候補だったメル氏の招へいを決断したと報道。

11日にも就任が発表されるのではないかと言われていた。

だが、一転してソシエダはモイーズ氏と合意に達したようだ。

なお、モイーズ氏は長期契約を望んだようだが、ソシエダは2016年までの契約で合意したと発表している。

2013年夏にマンチェスター・ユナイテッドの指揮官に就任したモイーズ氏は、成績不振からシーズン途中に解任されている。

新天地スペインでの再出発、新たな冒険では成功を収めることができるだろうか。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141111-00000052-goal-socc

続きを読む

サッカー】レアルが逆転勝ちでクラシコ制す ネイマール先制もCR7同点PK ペペ逆転ヘッド ベンゼマダメ押し バルサ今季初黒星

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: まさと ◆RHASHorGAg @ターンオーヴァーφ ★@\(^o^)/ 2014/10/26(日) 02:52:40.49 ID:???0.net
レアルが逆転勝ちで“クラシコ”制す…バルサは今季初黒星

リーガ・エスパニョーラ第9節が25日に行われ、レアル・マドリードとバルセロナが対戦した。

レアル・マドリードのホームで行われた“クラシコ”は、開始早々に試合が動く。
4分にネイマールが、移籍後初の公式戦出場となったルイス・スアレスからのサイドチェンジを受けて、左サイドからカットインして右足シュートで得点。
アウェーで戦うバルセロナが、序盤にリードを奪った。

一方、ホームで先制されたレアル・マドリードも反撃。34分に左サイドを突破したマルセロがゴール前にグラウンダーのクロスを入れると、
ジェラール・ピケのハンドを誘発。
PKを獲得して、クリスティアーノ・ロナウドが落ち着いてシュートを沈め、前半の内に追いついた。
なお、バルセロナにとっては、今シーズンのリーグ戦初失点となった。

同点のまま後半を迎えると、50分にレアル・マドリードのペペがCKからヘディングで逆転弾をマーク。
試合をひっくり返すと、61分にもカウンターから3点目を奪う。
カリム・ベンゼマがハメス・ロドリゲスのスルーパスから抜け出して、右足シュートでゴールネットを揺らした。

一気にリードを広げたレアル・マドリードは、2点差を保ったままタイムアップを迎え、3-1と逆転勝利を収めた。

レアル・マドリードは6連勝で、勝ち点21。リーグ戦9試合目で今シーズンの初黒星となったバルセロナは、同22のままとなった。

【スコア】
レアル・マドリード 3-1 バルセロナ

【得点者】
0-1 4分 ネイマール(バルセロナ)
1-1 35分 C・ロナウド(レアル・マドリード)
2-1 50分 ペペ(レアル・マドリード)
3-1 61分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141026-00244852-soccerk-socc

続きを読む

【サッカー】また決めた! ハットトリックのC・ロナウド出場全試合得点を継続中…レアルは5発快勝

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Egg ★@\(^o^)/ 2014/10/06(月) 07:33:57.82 ID:???0.net
10.5 リーガ・エスパニョーラ第7節 R・マドリー5-0ビルバオ

 リーガ・エスパニョーラは5日、第7節を行い、レアル・マドリーがビルバオをホームに迎えた。前半で2点のリードを奪ったレアルが後半にも3点を追加して、5-0の完封勝利を収めた。

 試合はいきなり動いた。前半3分、DFダニエル・カルバハル、MFルカ・モドリッチ、FWガレス・ベイルの鮮やかな連係で右サイドを崩すと、
ベイルのクロスを逆サイドで待ち構えていたFWクリスティアーノ・ロナウドがヘディングで叩き込んでレアルが先制した。

 先制後も主導権を握るレアルに追加点が生まれたのは、前半41分。モドリッチが蹴り出したCKをFWカリム・ベンゼマがヘディングで合わせてネットを揺らし、2-0とリードを広げた。

 後半に入っても攻撃の手を緩めないレアル。後半10分にはベンゼマのパスを受けたベイルが右サイドを突破すると、折り返しをC・ロナウドが流し込んで自身2点目となるチーム3点目を奪った。

 後半24分にC・ロナウドのアシストからベンゼマが決めると、後半44分にはC・ロナウドがハットトリック達成となるゴールを奪取。守備陣もビルバオに得点を許さなかったレアルは5-0の勝利を収め、4連勝を飾った。

 絶好調を維持するC・ロナウドは、今季のリーグ戦で出場した6試合すべてで得点を記録。13ゴールの荒稼ぎで得点ランキングトップを独走中だ。

さらに2節を終えたCLでも2戦連発を記録しており、今季出場した8試合で15得点と脅威的な決定力を披露している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141006-00149793-gekisaka-socc

スコア
http://m.sports.yahoo.co.jp/ws/game/?g=10634019

続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
逆アクセスランキング
アマゾン
アクセスランキング ブログパーツ