ACL

【サッカー】韓国は1チームだけ サッカーACL8強 敗因は「判定」「投資急減」の外部要因なのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 悪魔君(役所据え置き) ★@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 01:21:25.82 ID:???*.net
サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)で、韓国チームがベスト8入りを逃したのは
「不可解な判定」とチームに対する「投資の減少」なのか。5月26、27日に開催された
決勝トーナメント1回戦第2戦で、4チームが出場した韓国は全北現代しか8強に進めなかった。
韓国紙・朝鮮日報(電子版)は「投資が急減している中での危機」と報じた。さらに韓国メディアは
中国・広州桓大に敗れた城南FCに対するPK判定を「疑惑」と伝え、ネットユーザーも
「審判に台無しにされた」などと嘆いた。

韓国はACLに出場した4チームすべてがベスト16入りしたと浮かれていたが、一転、
8強入りが1チームに留まり、朝鮮日報は「『アジアの盟主』として君臨していた韓国プロサッカーが
揺らいでいる」と危機意識を露わにした。

過去、韓国チームは優勝10度、準優勝6度といずれも最多を記録する。だが「最近は
4シーズン中2014年を除き、ベスト8に進んでいるのは1チームだけ」(朝鮮日報)と
不振に陥っている。

その要因として、朝鮮日報は「投資の急減」を挙げる。今回も勝ち残った全北現代の親会社は
現代自動車。年300億ウォン(約33億5000万円)台の予算を維持しているそうだ。


これに対し、水原三星は親会社のサムスン電子が業績不振に伴う経営効率化によって予算規模が縮小。
親会社も変更され、さらなる規模縮小が予想されるという。FCソウルも親会社の業績不振から
最近2シーズンで年俸の高い主軸選手を放出している。

5月27日の広州桓大戦に敗れ、8強を逃した城南の金鶴範監督は「広州桓大ではなく、
リカルド・グラールに負けたと考えている。Kリーグのチームは適切な投資に基づいた
発展計画を立てなければ、中国や日本などに圧倒されることになる」と危機意識を募らせた。
グラールは元ブラジル代表で今季、広州に1500万ユーロ(約182億ウォン、約20億円)の
移籍金で移籍している。朝鮮日報はその移籍金が城南の年間予算を上回るとしている。

しかし、投資を増やして、質の高い選手を入れることでチーム力が向上しても、ファンは納得するのだろうか。
朝鮮日報によると、5月23日に行われたKリーグ(全北現代-仁川FC)で全北の選手が
仁川の選手の顔などを殴打。さらに24日の試合ではGKが相手PKの際、芝生をスパイクで荒らし、
PKを失敗させたと伝える。「誰もが勝利至上主義に埋没した結果、指導者も選手もマナーを軽視する
傾向が出始めた」と大学教授の言葉でこの嘆かわしい事態を批判していた。

同紙はファンがスポーツを愛する理由の一つに「相手を尊重し配慮するマナー」を挙げているが、
城南が広州に敗れた27日の試合で、先制点となるPKへの判定に不満タラタラだ。
金監督は「試合の外的要因が大きく作用していたようだ」と評した。暗に判定を批判していることは明らか。
さらに韓国ネットユーザーも「素晴らしい試合が審判によって台無しにされた」などと恨み節を綴る。

メディアのお題目は立派でも、実地で実践されておらず、「仏作って魂入れず」の違和感は禁じ得ない。


【産経ニュース】=http://www.sankei.com/premium/news/150608/prm1506080005-n1.html

【依頼】
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1433551023/241

続きを読む

【サッカー】ACL・韓国メディアの視点・・・リーグ勢の脅威に触れ危機感を強調。水原とFCソウルの8強進出に諦めムードも

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/05/21(木) 19:09:33.09 ID:???*.net
Jリーグ勢が「強くなった」と認め、評価する見方も。

5月19日、20日に行なわれたACL決勝トーナメント。4クラブが進出したKリーグ勢はそれぞれホームで第1戦を戦ったが、
勝利したのは中国の広州恒大を2-1で下した城南FCのみとあって、韓国メディアは一様に意気消沈気味だ。

「うなだれたKリーグの3龍、孤軍奮闘した市民クラブの城南」(ネットニュース『STAR NEWS』)
「城南は笑ったが、Kリーグは全滅危機」(スポーツ新聞『スポーツ朝鮮』)

「Kリーグの4龍、“肩組んで8強に行こう!!”」(通信社『聯合ニュース』)と意気込んでいた試合前の論調からは、明らかにトーンダウンしている。
とりわけ、水原とFCソウルがJリーグ勢に喫した連敗にショックを隠せない。

 総合ニュースメディアの『ノーカットニュース』は「水原に続きソウルも……Jリーグに機先を制せられる」と嘆き、
同じく総合ニュースメディアの『マイデイリー』は「圧迫なきKリーグ、Jリーグに大量失点」と題した記事で、Jリーグ勢にともに3失点した水原とFCソウルの戦いぶりを次のように論じている。

「技術とパスが優れたJリーグ勢と、プレッシングとフィジカルコンタクトが強いKリーグ勢との対決では、長所を前面に押し出してきたチームが勝利する場合が多かった。
今回の対戦ではKリーグ勢のプレッシングは活きず、Jリーグ勢に苦戦を強いられた」

 ただ、敗因はそれだけではないだろう。Kリーグ勢に落ち度があったのではなく、Jリーグ勢が「強くなった」と認め、評価する見方もある。
例えばスポーツ紙『スポーツ・ソウル』は「Jリーグで13位の柏、Kリーグになぜ強いか」という記事で、こう評している。

「柏は短いパスとビルドアップを重視する日本サッカーとは異なり、多少ディフェンシブな姿勢ながら最終ラインの背後を狙うパスを仕掛けるなど、
Kリーグ勢と類似した攻撃を展開する。KリーグのクラブはJクラブと戦う時、パワーとカウンターアタックで相手のきめ細かいサッカーを崩してきたが、柏には通じなかった」

「水原とソウルの完敗は看過できる問題ではない。Jリーグはもはや変わった」

この記事では、テレビ局『SBS』のサッカー解説者であるチャン・ジヒョン氏が、「柏に華麗さはない。しかし、鋭い逆襲でKリーグ勢の隙を突く。
中・長距離のパスも良い」とも評価しており、水原三星関係者も柏のスタイルを「日本では見られないスタイル」と語っている。

また、総合スポーツメディア『エックススポーツ』でも、Jリーグ勢の変化に触れた記事が掲載された。
「“完勝”G大阪がKリーグ勢に投じた警告状」と題した記事で「水原とソウルの完敗は看過できる問題ではない。Jリーグはもはや変わった」としたうえで、次のように指摘している。

「G大阪は、Kリーグ勢の前に萎縮していたかつての姿から脱皮した。日本の選手たちは後半になると競技力が落ちるという見方もあったが、
FCソウル戦では後半に3得点を決めたように、そんな偏見を打ち破った。降格から1年でJ1に復帰し、三冠を達成したなかで備えた精神力に加え、
プレッシングをかわすパス回しは精巧さが増した。さらに体力とスピードまで兼備するなど、相手にするのが面倒なチームだ。もはやKリーグ勢の攻略法を心得たようにさえ感じられる」

この分析が正しいかどうかは別としても、韓国メディアがJリーグ勢に脅威を感じ危機感を募らせているのは事実だろう。
前出の多くのメディアが「3失点したFCソウルと水原はアウェーで大量得点と勝利が必要な状態だ」とし、
すでに水原とFCソウルの8強進出を「赤信号」として諦めているフシもある。果たしてKリーグ勢は第2戦で意地を見せるのか!?

5月21日(木)19時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150521-00010006-sdigestw-socc&p=1

続きを読む

【サッカーACL】ガンバ大阪、アウェーでソウルに3-1勝利!宇佐美がスーパーボレー含む2発!決勝T1回戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/20(水) 23:37:30.15 ID:???*.net
プロデビュー弾の地で宇佐美がスーパーボレーを含む2G!!G大阪、敵地でFCソウルに先勝
ゲキサカ 5月20日(水)21時21分配信

画像: Koki NAGAHAMA (ゲキサカ)
http://lpt.c.yimg.jp/im_siggn9CoQDC8sxc2NCPbbmxLYg---x600-y450-q90/amd/20150520-00572251-gekisaka-000-view.jpg

[5.20 ACL決勝トーナメント1回戦第1戦 FCソウル 1-3 G大阪 ソウル]

 3年ぶりのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を戦うガンバ大阪は、FCソウル(韓国)との決勝トーナメント
1回戦に臨んだ。敵地での第1戦を、エースFW宇佐美貴史のスーバーゴールで先制すると、DF米倉恒貴が加点。
終盤には宇佐美が2点目を決め、アウェーゴールを3つ重ねる快勝をおさめた。

 16日のJ1第1ステージ第12節・川崎F戦(1-1)と同じ11人が先発に名を連ねたG大阪。プロデビュー、
プロ初ゴールの舞台となったソウルワールドカップスタジアムで、宇佐美が6年ぶりにピッチに立つことになった。

 試合は序盤から膠着する。互いに敵陣でのボールロストが続き、チャンスをつくることができない。
それでもG大阪はCKを得ると、MF遠藤保仁がショートコーナーを使って宇佐美からのリターンを受けると、
ファーサイドへクロス。GKユ・サンフンがハイボールをキャッチできずにこぼしてしまうが、G大阪は
つめることができなかった。

 G大阪にもミスが出てしまう。24分、DF丹羽大輝が自陣でコントロールを誤りボールをロストして
しまうが、DF米倉恒貴が素早くカバーに入り事なきを得た。

 ボールは回わるものの、シュートが遠いG大阪。前半35分、DFチャ・ドゥリに左サイドをドリブルで突破
され、中央に折り返されるとMFコ・ミョンジンが左足で捉える。シュートはゴールポスト左へと逸れて難を
逃れると、スコアレスで前半を終えた。

 G大阪はMF大森晃太郎に代えてMF倉田秋を入れて後半に入った。宇佐美とFWパトリックにいい形で
ボールを入れることができないG大阪に対し、FCソウルが徐々に攻撃の圧力を強めていく。1ボランチの
MFパク・ヨンウが10分にはミドルシュート、直後にはペナルティーエリアまで飛び出してゴールを狙ったが、
(※原文ママ)

 停滞ムードが漂う試合を動かしたのは、G大阪だった。17分、DF藤春廣輝の左クロスから宇佐美が右足を
一閃。目の覚めるようなボレーシュートがゴールネットに突き刺さり、ついに均衡は破れた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150520-00572251-gekisaka-socc


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1432126273/

続きを読む

【サッカーACL】柏、アウェーで水原三星に3-2勝利!早々に失点も逆転勝利 ベスト8に大きく前進 決勝トーナメント1回戦★2

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/19(火) 23:39:53.53 ID:???*.net
サッカー:ACL 決勝T1回戦:水原三星vs.柏レイソル(会場:水原ワールドカップスタジアム)

2015年5月19日(火) 19時30分 スタート

水原三星 2-3 柏レイソル

▼得点
1-0 ヨム・ギフン(前半2分)
1-1 茨田陽生(前半12分)
1-2 レアンドロ(前半30分)
1-3 レアンドロ(後半10分)
2-3 チョン・テセ(後半14分)

▼柏先発
GK菅野孝憲

DF鈴木大輔
DFエドゥアルド
DF輪湖直樹
DFキム・チャンス

MF大谷秀和
MF茨田陽生
MF栗澤僚一 → 後半0分 MF小林祐介 → 後半45分 DF中谷進之介

FWレアンドロ
FW武富孝介 → 後半43分 FW大津祐樹
FWクリスティアーノ

http://live.sportsnavi.yahoo.co.jp/live/sports/soccer_jleague/4290


http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1432038238/

続きを読む

【サッカー】鹿島サポ激怒、一部ファンが居座り罵声 GL敗退の鹿島セレーゾ監督「謝罪したい」 西「惜しかったじゃダメ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 23:49:57.12 ID:???*.net
15/5/5 23:34

[5.5 ACLグループリーグ第6節 鹿島2-3FCソウル カシマ]

 サポーターの怒りが爆発した。開幕3連敗という最悪のスタートから2連勝で踏みとどまり、最終節まで突破の
可能性を残した鹿島アントラーズ。勝てば決勝トーナメント進出が決まる最終戦だったが、ホームでFCソウルに
2-3で競り負け、出場5大会連続となるグループリーグ突破はならなかった。

 試合後、ゴール裏のサポーター席に向かう鹿島の選手たちには大きなブーイングが飛んだ。一部のサポーターは
スタジアム外に居座り、ミックスゾーンを通る選手たちに罵声を浴びせた。

 ホームでは公式戦3連敗。リーグ戦、ACLを含めた今季のホームゲーム8試合の戦績は2勝1分5敗となった。J1
第1ステージも10位と低迷する中、ACLもグループリーグ敗退。サポーターのフラストレーションも頂点に達したか、
「根性、見せてくれよ!」「ホームでこんなに負けていいのかよ!」「セレーゾ出てこいよ!」などと罵声が飛んだ。

 一様に悲痛な表情を浮かべる選手たちも足早にミックスゾーンを通り抜けた。DF昌子源は報道陣の呼びかけに
応じず、DF西大伍は「惜しかったじゃダメだから。すごく残念です」と声を落とした。

 試合後に行われた記者会見でトニーニョ・セレーゾ監督は「サポーターに謝罪したい。こんな結果になって
申し訳ない」とコメント。沈痛な面持ちで謝罪した。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?162379-162379-fl

続きを読む

【サッカー】 日本勢最初のグループ敗退は浦和…ホームで先制も逃げきれず逆転負け

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Tangled ★@\(^o^)/ 2015/04/21(火) 21:37:06.69 ID:???*.net
AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第5節が21日に行われ、浦和レッズと水原三星が対戦した。

 浦和は前節の北京国安戦でACLでの連敗を3で止めたものの、勝ち点1を獲得するに留まり、グループステージ突破は厳しい状況となった。
突破には2連勝しか残されておらず、ホームでまずは初勝利を挙げることが求められる。

 最初にチャンスを迎えたのは浦和。11分、左サイドからドリブルで持ち上がった槙野智章がミドルシュート。しかし、水原三星のGKノ・ドンゴンがなんとか弾き返した。
 
 一方の水原三星は20分、カウンターからソ・ジョンジンが左サイドを抜けだしてキーパーと一対一となる。そのまま右足シュートを放ったが、西川周作がなんとか抑えた。

 続く30分、ペナルティエリア内右からの折り返しをヨム・ギフンが左足シュートを放ったが、西川が攻守を見せて得点を許さない。

 その後も水原三星の猛攻が続く。40分、左サイドを突破したソ・ジョンジンが中央へグラウンダーのパスを送ると、ゴール前に飛び込んだクォン・チャンウンが合わせたが、ここも西川がビッグセーブで止めた。
このままスコアレスで前半を折り返す。

 勝たなくてはいけない浦和は、後半からズラタン、梅崎司、阿部勇樹の3枚を投入し、得点を奪いに出る。51分、ペナルティエリア手前左で浦和がFKを獲得すると、槙野が直接狙ったが、わずかに枠の上に外れた。

 さらに58分、梅崎がペナルティエリア左までドリブルで持ち上がると、クロスの折り返しを高木俊幸が合わせたが、ミートしきれずに決定機を逃した。59分にも高木にビッグチャンスが訪れたが、ここは相手GKノ・ドンゴンに防がれてしまった。

 すると遂に均衡が破られる。69分、ペナルティエリア手前左でボールを受けた高木が右足でクロスを上げると、ファーサイドのズラタンが頭で合わせて先制する。 

 しかし、一瞬の隙を突いて水原三星が追いつく。74分、左サイドのクロスボールからコ・チャンウンがヘディングシュートを決めて同点とした。

 88分、またしても左サイドからクロスが上がるとカイオがボレーで合わせて逆転に成功した。

 このまま試合は終了し、2-1で水原三星が浦和を下した。この結果浦和は日本勢最初のグループステージ敗退となった。

 浦和は5月5日に行なわれるグループステージ最終節で、ブリスベン・ロアーとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
浦和レッズ 1-2 水原三星

【得点者】
1-0 69分 ズラタン(浦和レッズ)
1-1 74分 コ・チャウォン(水原三星)
1-2 88分 カイオ(水原三星)

SOCCER KING
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150421-00304602-soccerk-socc

続きを読む

【サッカー】ACL 鹿島アントラーズ、中国王者広州恒大に高崎AT弾で劇的勝利!今大会初勝利でGL突破に望み

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: Pumas ★@\(^o^)/ 2015/04/07(火) 21:02:07.97 ID:???*.net
[4.7 ACLグループリーグ第4節 鹿島2-1広州恒大 カシマ]

     1 - 0 19 遠藤康(PK)  
     1 - 1 74' エウケゾン
     2 - 1 93 高崎寛之

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループリーグ第4節が各地で行われた。H組の鹿島アントラーズはホームでグループ首位広州恒大(中国)と対戦し、2-1で勝利した。

鹿島はここまで3連敗。今節の結果次第で敗退が決まる可能性があった。相手は3月18日の敵地戦で3-4と競り負けている中国王者の広州恒大。
また、鹿島にとっての大一番に、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督も観戦に訪れた。

立ち上がりから鹿島が形を作った。前半8分にはMF柴崎岳のCKをMF遠藤康がヘディングで合わせる。
このシュートはDFの網に引っかかってしまったが、同19分、鹿島は遠藤のアーリークロスが相手DFのハンドを誘い、PKを獲得。
これをこの日、27回目の誕生日を迎えた遠藤自らが沈め、先制に成功した。

ただ、広州恒大も徐々に盛り返す。しかし、前半28分のFWエウケソンの抜け出しには、GK曽ヶ端準が判断のいい飛び出しで防ぐ。
同34分のエウケソンのFKも、曽ヶ端が手に当てると、ポストに救われる幸運があり、同点弾を許さなかった。

後半、先に決定機を迎えたのは鹿島。6分、MF梅鉢貴秀の横パスを受けた柴崎がコースを突いた右足シュートを放つ。
しかし、GKリー・シュアイの好セーブに防がれ、追加点が奪えない。鹿島リードの展開ながら、重苦しい空気が漂い出す。

すると後半29分に予感が的中。左サイドからFWガオ・リンにクロスを許すと、DF昌子源に競り勝ったエウケソンに左足で押し込まれ、試合を振り出しに戻されてしまう。

しかし、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。柴崎のFKから途中出場のFW高崎寛之が決めて鹿島が勝ち越し。
劇的勝利を飾った鹿島は、グループ最下位のままだが、突破に望みを繋げた。次節は21日、適地でのウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(豪州)戦となっている。

ゲキサカ 4月7日(火)20時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150407-00420242-gekisaka-socc

    
鹿島アントラーズ:
曽ヶ端準■;西大伍、ファンソッコ■、昌子源■、山本脩斗、柴崎岳、梅鉢貴秀■(82分青木剛)、カイオ、遠藤康(82分中村充孝)、土居聖真(78分高崎寛之)、金崎夢生

広州恒大:
李帥;梅方、張琳?、キムヨングォン、馮粛霆(65分鄒正■)、劉健■(65分鄭智■)、黄博文■、趙旭日、リカルド・グラル(89分于漢超)、エウケゾン、?林

続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
逆アクセスランキング
アマゾン
アクセスランキング ブログパーツ