批評/採点

【サッカー】“ご意見番”セルジオ越後に批判の声…「辛口批評したいだけ」の評論はもう飽きた!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: れいおφ ★@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 00:50:46.27 ID:???*.net
セルジオ越後といえば、日本サッカー界におけるご意見番的な存在だ。
日本代表が負けようものなら、その容赦ない毒舌で選手達を鼓舞し、勝って浮かれていようものなら、
悪かった点をあぶり出し、現実を突きつける。

最近では、快勝したイラク戦やウズベキスタン戦でさえ、相手が弱すぎて参考にならないと発言している。
まさに、日本サッカー界になくてはならない存在だ。

しかし今、8月2日に初戦を迎える東アジアカップについて、
そのセルジオ越後氏の辛口評論が“早過ぎる”と話題になっている。

「始まってもいないのに、北朝鮮、韓国、中国と戦うこの大会について“見所はほとんどない”と発言をしたんです。
格上と戦わないと強くならないというニュアンスの言葉でしょうけれど、
この3国は実際にアジア予選で当たる国々ですし、何より、これから始まる大会にケチをつけるのは、
日本サッカーを盛り上げる立場の人間の発言としては、あまりにも不適切ですね。
ライトファンが観なくなったらどうするんだ、と」(スポーツライター)

初選出された浦和レッズの武藤雄樹や、ガンバ大阪の米倉恒貴、
湘南ベルマーレの遠藤航やその他の若手選手に対しても
「欧州組がいたら呼ばれない“程度”の選手」
「この3カ国相手に結果を残しても代表に定着する姿は想像がつかない」と発言している。

「選手もファンも、そんなことはわかりきっています。それでも活躍してなんとか名を上げたいと
意気込んでいるんです。今までのセルジオ氏は試合を終えてからの辛口評論だったんで意味はありましたけど、
先に言ってしまうと上がった士気に水を差すだけ。

最近ではファンも『セルジオさん辛口批評したいだけになってるよ』
『辛口がゴールになって、本当の目的を忘れだした』と、少し食傷気味になっていますね」(同ライター)

最近のセルジオ氏は、日本に批判をする評論家が少ないことから
「自分が言わないと誰が言うんだ」という強迫観念にとらわれているように見える。
それだけに“辛口批評したいだけ病”は、しばらく治りそうにない。

http://news.infoseek.co.jp/article/cyzo_20150727_691621/

続きを読む

【サッカー】香川は5位 独キッカーがシーズン後半戦攻撃的MFランキングを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ゴアマガラ ★@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 18:58:38.09 ID:???*.net
ドイツ『キッカー』が、2014-15シーズン後半戦を総括し、ボルシア・ドルトムントMF香川真司を攻撃的MF部門で5位に選出した。

昨年夏にドルトムントに復帰した香川は、2010年から12年にわたって所属したときと比べて物足りないパフォーマンスだった。
それでも、後半戦は多少盛り返したという印象を与えている。

『キッカー』は2014-15シーズンの香川について、「最初にドルトムントで過ごした時期の素晴らしいフォームには後半戦も届かず。
しかし、チームメートと同じようにスランプ脱出の道を見つけ、リーグでは数試合で好パフォーマンス。4ゴール6アシストを記録した。
これに加えてDFBポカール決勝では自身の能力を見せて、ランキングに復帰している」と記した。

なお、このランキングでトップだったのはヴォルフスブルクのケヴィン・デ・ブルイネ。唯一「ワールドクラス」と評価された。

2位はボルシア・メンヒェングラッドバッハのラファエウ。ハノーファーのラース・シュティンドルが3位で、
ブレーメンのズラトコ・ユノゾビッチが4位だった。

優勝したバイエルン・ミュンヘンからは、第27節に復帰するまで負傷で離脱していた6位にチアゴ・アルカンタラが入っている。
7位はホッフェンハイムに所属するブラジル代表のロベルト・フィルミーノで、以下、ハカン・チャルハノール(レヴァークーゼン)、
マリオ・ゲッツェ(バイエルン)、ヴァレンティン・シュトッカー(ヘルタ・ベルリン)と続いた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150622-00000031-goal-socc

続きを読む

【サッカー】武田修宏氏「同じ戦い方に固執するなら監督交代も考えるべき」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/18(木) 11:41:52.45 ID:???*.net
【武田修宏の直言!!】(ロシアW杯アジア2次予選:日本0-0シンガポール=16日)

これがW杯予選の厳しさじゃないかな。実力では圧倒している日本が、最後までコンパクトな陣形のシンガポールDFを崩せなかった。
原因はハリルホジッチ監督(63)が就任以来、推し進めてきたカウンターサッカーのせいだと言えるね。

これまでは親善試合だったのでカウンターだけでも通用した。
だけど、前半の速い縦パスばかりでは、単調で相手にも読まれてしまう。
かねて新戦術について「W杯予選を勝ち抜く戦い方ではない。日本人に合わない」と指摘してきたが、初戦で証明されたかな。

本来、シンガポールのような相手を崩すには2つの方法がある。
ボールを大きく動かすサイドチェンジと3人以上がダイレクトパスを交換し、ボールを追い越していくような連動性。
でも速攻しか練習していないからなのか、そういうプレーはあまり見られなかった。
仮に、J1浦和がシンガポールと対戦したら前半だけで3点は取っているね。
浦和は縦パスが難しいとなれば、しっかりとパスをつないで好機をうかがうなど、相手の出方に応じてスタイルを変更できる。
残念だけど、ハリルジャパンには工夫も足りなかった。

今後の巻き返しに期待するけど、引き続き同じ戦い方に固執するならば、早々と監督交代も考えないといけないかも。
浦和のミハイロ・ペトロビッチ監督(57)や広島の森保一監督(46)がふさわしいと思うけど…。

☆武田修宏:たけだ のぶひろ=1967年5月10日生まれ。静岡県出身。幼少期から「天才少年」と呼ばれたストライカー。
名門・清水東(静岡)から86年に読売クラブ(現東京V)入り。ルーキーながら11得点を挙げ、リーグVに貢献し、MVPにも選出された。
Jリーグ発足後はV川崎や磐田、京都、千葉などでプレー。00年には南米パラグアイのルケーニョに移籍。
01年に東京Vに復帰し、同シーズンで現役引退した。Jリーグ通算は94得点。JSL時代も含めれば152得点を挙げた。
87年に日本代表に選出。93年米国W杯アジア最終予選でドーハの悲劇を経験した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150618-00000003-tospoweb-socc
東スポWeb 6月18日(木)10時4分配信

続きを読む

【サッカー】日本代表 金田喜稔がシンガポール戦を一刀両断!|むしろ今後のメンバー争いが楽しみに。

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 21:56:01.67 ID:???*.net
太田と酒井宏は遠い位置からクロスを放ってばかり。宇佐美、武藤、原口のドリブラートリオも活かし切れず。

一抹の不安は残った。

シンガポールは、アウェーの日本で勝点を持ち帰った。今回の試合を参考にして、
2次予選同組のシリア、アフガニスタンも対策を取ってくるはずだ(さすがにカンボジアには問題なく勝つだろうが)。
最終予選でもそのようなチームが出てくるだろう。

いずれにせよ、「日本相手にこうして守れば、なんとかなるかもしれない」という攻略法を与えてしまったのだ。
1トップを前線に残して9人で守るというチームはこれまでも少なくなかったが、さらに増えるに違いない。より厄介な状況を招いてしまったと言える。

それにしても日本の選手も、監督も、スタッフも、相手がベタ引きでカウンターを狙ってくることは、戦前から分かり切っていたはずだ。
それなのに臨機応変さを欠き、シンガポールの思惑どおりに、密集地帯にただ飛び込んでボールを失うだけだった。

守備を固める相手を崩すのに最も効果的なのは、サイドを抉ってから崩す攻撃パターン。それは攻撃のセオリーでもある。

真ん中に人が密集していたら、できるだけゴールライン付近まで仕掛けてパスやクロスを入れる。
どんどんボールを持ち込み、深い位置まで進出すればいい。
そうすれば相手選手はボールの行方を追いかけるので、マークする相手から一瞬目を離す。
または、ボールに引き出される選手も出てくる。その隙を突けばいいだけのことだった。

しかし左SBの太田も、右SBの酒井も、持ち前のクロス精度を活かし切れず、なんだか自信なさそうに低い位置からアーリークロスを放り込んでばかりだった。

低い位置から放つアーリークロスは、チーム全体の攻撃のスピードが乗っている時こそ有効だ。
前線の選手が動き出すスペースがあれば、より活きてくる攻撃パターンである。
シンガポール戦はそういう状況ではなかったにもかかわらず、遠い位置から闇雲にクロスを入れるだけだった(同じような試合を、これまでにも何度か観たことはあったが……)。

宇佐美、武藤、原口という日本を代表するドリブラーが揃っていたのだから、チームとして、彼らを活かす工夫をしても良かったはずだ。
彼らが仕掛けて行けるように、チームとしてスペースを作ってあげれば、ゴール前付近で相手のファウルも増えFKを得られただろう。
そういった皮算用を試合中に立てられる選手もいなかった。

なぜ、そのような一辺倒な攻撃になってしまうのか? いったい、どこのチームと対戦しているのか、選手たちは分かっていたのだろうか? 

常にヨーロッパの強豪との対戦を想定した「縦に速いサッカー」を意識しても、必死にスペースを消してくるアジアの国々が相手では通用しない。
ただ、それも、ずーっと前から誰もが言ってきたことだが……。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150617-00010014-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 6月17日(水)17時4分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150617-00010014-sdigestw-socc.view-000
イラク戦では出色のパフォーマンスを見せた柴崎だが、今回は「遠藤がいたら……」と言われてしまうような内容に終わってしまった。

続きを読む

【サッカー】セルジオ越後がシンガポール戦を斬る!「選手たちはまるで高校生。猫がネズミに怖気づいた試合だったね」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 07:12:44.37 ID:???*.net
アジアカップのUAE戦のデジャブかと思ったよ。

動きは重いし、ゆとりはないし、形もひどい。

守りを固めてきたシンガポールを相手にスコアレスドロー。まあ、なるようになった結果だね。

シンガポールは明らかに格下の相手。だからこそ、彼らは日本の実力を認めて、割り切った戦いをしてきた。
守備にあれだけ人数を割かれて、球際にも激しく来られれば、日本も苦戦して当然だよね。

5日前のイラク戦とは大違いだ。あまりにもやる気が感じられないイラクが相手なら、日本の選手も上手く見えるけど、“本気”のシンガポールは厳しい相手だった。

それでも日本は攻め込んで、多くのチャンスを作ったけど、ゴールを割れなかった。アジアカップのUAE戦のデジャブかと思ったよ。

今の日本は、思うようにならないと、自分たちで崩れていってしまう傾向にある。難しい状況を打開する力がないんだ。

監督に言われたこと以上のことができない。ハリルホジッチ監督の存在感が大きすぎて、みんな怯えながらやっている感じだよね。
言うなれば、部活の怖い顧問に怒鳴られて、萎縮してしまっているのと一緒。

ハリルジャパンは、まるで高校生のようだ。怒りにまかせて、監督がベンチの近くでペットボトルでも蹴ろうもんなら、怯えて試合どころではなくなるかもね。

そんなハリルホジッチ監督が「日本のサッカーを変えた」という声も僕の耳には届いているけど、本当にそうなのか大いに疑問だよ。

「縦に速いサッカー」が取り沙汰されているけど、よく考えてもみてよ。
2次予選の段階では、相手はよほどの強豪でないかぎり、日本をリスペクトして引いて守ってくる。
つまり、ゴール前にスペースなんてないんだ。

引いた相手に縦に速いサッカーが通用すると思う?するわけがないよね。スペースがなければ、柴崎もマジックなパスを出せない。
シンガポール戦では、ご自慢の縦に速いサッカーが通じないと見るや、急にサイドに展開し出したけど、サイド攻撃なんてこれまでほとんどやってなかったはずだ。

バイタルエリア付近でのワンツーやミドルといったアイデアもない。
サイドからクロスを入れようとするけど、酒井宏樹のクロスなんて目も当てられない代物だったよ。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150617-00010000-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 6月17日(水)0時55分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150617-00010000-sdigestw-socc.view-000
ご自慢の「縦に速いサッカー」も引いた相手には通用しない。柴崎もマジックなパスを出せなかった

続きを読む

【サッカー】日本対シンガポール。低調な内容で格下にドロー、ロシアに向け不安な船出【どこよりも早い採点】

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/16(火) 21:30:02.13 ID:???*.net
一辺倒な攻撃でシンガポールに苦戦

6月16日、日本対シンガポールの一戦が行われ、0対0で引き分けた。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

------------------------------

川島永嗣  6  ほとんど守備機会なし。
酒井宏樹  5.5 本田が良く絞るので、そのスペースをもっと使っても良かった。
吉田麻也  5.5 大きなミスはないが、後半簡単に相手にかわされる場面も。
槙野智章  6  攻守に奮闘。ピンチを未然に防ぐ。
太田宏介  6 長友の負傷により急遽先発。宇佐美とのコンビは悪くない。
長谷部誠  5.5 タイミングの良い攻め上がりは攻撃にアクセントを加えていた。しかし後半は精度の低いパスが多々。
柴崎岳   5.5 イラク戦のような輝きは見られず。オフザボールの動きが悪い味方にも責任はあるが。
香川真司  4.5 三度の決定機を逸する。前に行き過ぎて前線が交通渋滞に。10番の仕事できず。
本田圭佑  5.5 常に中に絞るので前線の交通渋滞を生む。決定機も逃す。
岡崎慎司  5  スペースがない中であまり仕事ができなかった。サイドに流れるなど動きに変化が必要。
宇佐美貴史 5  二度、大事な場面で滑る。消えている時間も多い。

大迫勇也  5.5 入った直後は良かったが、次第に消えた。
原口元気  5.5 動きは良かったが、流れを変えられず。
武藤嘉紀  -  出場時間短く採点不可。

ハリルホジッチ  4.5 ホームで勝ち点3を逃す。攻撃は前線に人が集中しているため相手も守りやすい。
香川は前へ前へ行き、本田と宇佐美は絞る、岡崎も流れない。
チャンスは作れているようにも見えたがそれはシンガポールが相手だからで、W杯本番でこのような攻撃ではまったく歯がたたないだろう。
セットプレーの精度もことごとく低かった。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150616-00010030-footballc-socc
フットボールチャンネル 6月16日(火)21時27分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150616-00010030-footballc-socc.view-000
2018年ロシアW杯アジア2次予選の初戦、日本代表パフォーマンスはどうだったのか

続きを読む

【サッカー】日本 対 イラク サッカーダイジェスト取材記者の採点&寸評

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/06/12(金) 06:46:07.88 ID:???*.net
イラクを圧倒。“ハリルイズム”は確実に浸透しつつある。

【日本代表|採点・寸評】
[GK]
1 川島永嗣 5.5
試合勘が鈍っているのか、60分にゴール前でパンチングミス。ハリルホジッチ監督の信頼を得るには、不十分なパフォーマンスだった。

[DF]
5 長友佑都 6
11分に宇佐美、柴崎と軽快なパス回し。続く18分には迫力ある攻め上がりを見せた。左サイドをほぼ制圧し、平和な90分を過ごした。

19 酒井宏樹 5.5
27分に自陣でボールを奪われるなど、浮き足立つシーンも。どこか危なっかしさがあり、“安定の内田”と比べて物足りなさを感じた。

20 槙野智章 6.5
1-0で迎えた9分に香川のCKから左足で上手く合わせる。相手にロングボールを蹴り込まれた際も、素早い反応で見事に対応した。

22 吉田麻也 6
55分過ぎに少し慌てた局面を除けば、最終ラインをコントロールしていた。無失点に抑え、ディフェンスリーダーとしての面目は保った。

[MF]
7 柴崎 岳 6.5
縦への意識が強く、5分に絶妙なパスから本田の先制弾をお膳立て。
ゲームメーカーとしてもチャンスメーカーとしても機能していた。前半に中盤を支配したこのMFが、MOMだろう。

10 香川真司 6
ノーゴールで、特に目立ったわけではない。それでも、効果的なオフ・ザ・ボールの動きでギャップを作った働きは見逃せなかった。

17 長谷部誠 6.5
柴崎とバランスを取りつつ、鋭いパスを積極的に入れることで攻撃にリズムをもたらした。また中盤のフィルターとしても高性能だった。

[FW]
4 本田圭佑 6.5
2分にファーストシュートを放ち、その3分後には最初の決定機をモノにした。右サイドで上下動を繰り返し、守備にも献身的に貢献。

9 岡崎慎司 6.5
32分に左足のシュートで勝利を手繰り寄せる追加点。ボールを引き出すフリーランを何度も繰り返すメンタルタフネスも評価に値した。

11 宇佐美貴史 6.5
岡崎の得点(32分)につながったドリブル、スルーパスはパーフェクト。抜群のテクニックで敵を惑わせ、盟友・柴崎との連係も光った。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150611-00010011-sdigestw-socc
SOCCER DIGEST Web 6月11日(木)22時43分配信

関連スレ
【サッカー】日本対イラク。柴崎、宇佐美、若い力が躍動し快勝【どこよりも早い採点】 [転載禁止](c)2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1434023886/

続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
逆アクセスランキング
アマゾン
アクセスランキング ブログパーツ