久保武司

本田圭佑、このままではミランで飼い殺し?…バルバラ女史CEO就任でガリアーニCEO更迭の可能性も(夕刊フジ・久保武司)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 大梃子φ ★ 2013/12/04(水) 16:44:12.87 ID:???0
本田ミランでいいの? バルバラ女史CEO就任で“反乱”画策 ガリアーニCEO更迭の可能性
2013.12.04

 来年1月の移籍を前に、サッカー日本代表MF本田圭佑(27)=CSKAモスクワ=の周辺が
またもや騒がしくなってきた。

 「(次の移籍先は)フラットに決める」。本田はそうコメントしているが、
すでにイタリア・セリエAのACミランへの移籍が内定している。

 そのミランが、このほど2人の最高経営責任者(CEO)を置くことになった。
これは世界の強豪クラブでも例のない出来事だ。28年間チームを預かっていた
ガリアーニ現CEOに加え、2011年にミランのフロントに入ったベルルスコーニ名誉会長の
次女・バルバラ女史が同職に就任した。先月からこの2人の衝突が激化していたが、
ベルルスコーニ名誉会長が「2人をCEOにする」と和解させた形だ。

 バルバラ女史は44歳。しかしイタリア国内では父親と同様、“肉食”ぶりは有名で、
07年に約36億円かけて獲得したブラジル代表FWパトと『恋仲』になり骨抜きにしてしまった。
パトはバルバラ女史と交際を始めてから10回近く筋肉系の故障に祟られ、
ついに今年1月「もうミランにはいたくない」と母国ブラジルのコリンチャンスへ約18億円で移籍した。

 バルバラ女史は来年4月に行われるミランの株主総会に向け“反乱”を画策中。
元イタリア代表主将で1985年から25季もミラン守備陣の柱だったマルディーニ氏を
ゼネラルマネジャーに擁立しようとしているのだ。本田が1月に移籍した場合、
バルバラ女史の“派閥”ではない選手となるだけに、クラブ内の居心地は決してよいとはいえなくなりそうだ。

 また、ここまで本田獲得に意欲を燃やし背番号10を用意して待っているガリアーニCEOは
来年4月の株主総会で更迭される可能性が高くなっている。となれば、本田もよほど
活躍をしない限り、ミランでは飼い殺しの日々となりそうだ。
(夕刊フジ編集委員・久保武司)

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20131204/soc1312040730000-n1.htm

続きを読む

【日本代表】何度も開かれる選手だけのミーティング…「もうチームとして終わっている」(夕刊フジ・久保武司)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 大梃子φ ★ 2013/11/15(金) 18:57:40.89 ID:???0
日本代表選手間ミーティングにひそむ危険性 「もうチームとして終わっている」
2013.11.15

 ベルギー遠征中の日本代表が現地で選手だけのミーティングを行うことを決めている。
司会は主将の長谷部誠(29)=ニュルンベルク=とGK川島永嗣(30)=スタンダール=の2人だ。

 2戦全敗に終わった先月の欧州遠征でも、代表メンバーたちはザッケローニ監督ら
首脳陣とスタッフにも席を外してもらい、選手間ミーティングを2度行った。
ある代表選手によれば「確かに2回やりましたよ。もちろん内容はいえませんが」とコメント。
その時も長谷部&川島の2人が司会をして主力組だけではなく控えや若手全員に
「意見をいってほしい」と議論は活発だったという。

 これまで日本代表がW杯に向けた選手間ミーティングを行い、劇的にチーム状況が変化したのは、
W杯初出場を目指していた97年フランス大会最終予選で当時の加茂周監督が更迭されたときだ。
さらに06年ジーコジャパンと10年岡田ジャパンの際と計3回開かれていた。
W杯南アフリカ大会のスイス直前合宿でGK川口能活(磐田)の呼びかけで行ったミーティングでは、
罵声が飛び交う緊迫したムードとなった。

 今回も司会役を買って出た長谷部が主導しており「監督が考えも伝えてくるだろうし、
自分たちの考えもまとめていく」と話している。

 だが、何度も選手間ミーティングばかり開いていては、本音不在の“学級会”に終わってしまう
危険性がひそんでいる。「監督不在のミーティングを欧州遠征で何度もやること自体、
もう代表チームとしては終わっている」(元日本代表OB)という声も。
繰り返されるミーティングほど成果がない-のは、ビジネスの世界では定説だが。
(夕刊フジ編集委員・久保武司)

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20131115/soc1311150729002-n1.htm

続きを読む

ジュビロ磐田の懲りないフロント…“古巣愛”貫く名波浩氏に監督のオファーせず「早大閥」固め(夕刊フジ・久保武司)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 大梃子φ ★ 2013/11/08(金) 15:50:55.18 ID:???0
磐田、懲りないフロント選び 今度は「早大閥」 “古巣愛”貫く名波浩氏に監督のオファーせず
2013.11.07

 サッカー元日本代表MFでJ1磐田アドバイザーの名波浩氏(40)が、
6日にもC大阪の監督就任に向けた初交渉に臨むことになった。

 「まだ具体的な接触は何もない」。そうコメントした名波氏には昨オフ、
磐田の監督就任への非公式な打診があった。が、磐田のフロントが
FC東京OBで固められていたこともあり、結局は流れてしまった。

 それでも名波氏は今年も、来季のJ2陥落が決定的な磐田を新指揮官として救うべく
「自分はJ2だろうがJFLだって構わない」と古巣のために心の準備をしていた。
だが、磐田からきたのはアドバイザー契約の更新だけだった。

 なぜ磐田は名波氏に「監督」のオファーを出さなかったのか。チーム再建のため
GM(ゼネラルマネジャー)候補を探していたからだ。そのGMには元日本代表DFで
東京V指揮官などを歴任した加藤久氏の就任が確実になった。

 加藤氏は現役時代、同じ静岡で磐田のライバルクラブでもある清水に在籍したことがあり、
磐田のGM就任はサッカー界の常識では“ご法度”。しかし5月に加藤氏の早大ア式蹴球
(サッカー)部の後輩でもある関塚隆氏が監督に就任。来季もクラブ側は関塚続投が基本線で、
そのアシスト役として加藤氏に白羽の矢を立てた格好だ。

 今季J2落ちが確実になったのはFC東京OBがフロント入りしたことが一番の原因。
それにも懲りずに、“古巣愛”を貫く名波氏をソデにして、加藤GMを筆頭にした「早大閥」で
来季に臨むことを決めた磐田。果たして吉とでるか、それとも。
(夕刊フジ編集委員・久保武司)

http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20131107/soc1311070721000-n1.htm
“磐田愛”を貫く名波氏だが
no title

関連スレッド
【サッカー】元日本代表MF名波浩氏「ジュビロからは『来年(の監督)はない』と言われた。ジュビロでやるつもりでいたからね」
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1383647899/

続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
逆アクセスランキング
アマゾン
アクセスランキング ブログパーツ