川又堅碁

55本で21得点の男、新潟・川又堅碁。その「野生」が代表には必要だ!(NumberWeb)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 真・ソニック ◆zRjjuglb6U @S_SONICφ ★ 2013/11/15(金) 18:52:07.92 ID:???0
55本で21得点の男、新潟・川又堅碁。その「野生」が代表には必要だ!
戸塚啓 = 文
http://number.bunshun.jp/articles/-/751418
後方からのロングフィードを、一人でゴールに結びつける様はまさにワンマン・アーミー。新潟の攻撃を一手に担う川又堅碁がブラジルのピッチに立つことはあるのか。
no title


 あの予備校講師でなくても、「いまでしょ!」と叫びたくなる。

 日本代表のザックことアルベルト・ザッケローニ監督は、なぜ川又堅碁を欧州遠征に招集しなかったのだろう。

 過去10シーズンまでさかのぼっても、J1リーグで20点以上をあげた日本人選手は3人しかいない。2004年の
大黒将志、'09年の前田遼一、'12年の佐藤寿人だ。ここまで24ゴールの大久保嘉人にスポットライトが集まって
いるが、21ゴールの川又の爆発ぶりも特筆すべきものがある。

 彼が所属するアルビレックス新潟の総得点は、31節終了時で43得点である。21ゴールの川又は、チームの
48.8パーセントをひとりで叩き出しているのだ。チーム総得点に占める個人の得点の比率は、大久保、大迫勇也、
柿谷曜一朗、工藤壮人、渡邉千真、佐藤寿人、豊田陽平らの得点ランキング上位陣のなかでもトップである。

 その一方で、総シュート数は得点ランキング上位の誰よりも少ない(55本、大久保嘉人は91本)。新潟の
総シュート数(331本)も、J1リーグ18チームのなかで12番目である。ちなみに、リーグ最多のシュート数を
記録しているのは、大久保が所属する川崎フロンターレ(417本)だ。

(続きは>>2-10)

続きを読む

川又堅碁は“日本鬼子”?…中国で「怖い」「凶悪そう」などと話題にwwwwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 大梃子φ ★ 2013/10/31(木) 16:26:59.15 ID:???0
日本のFW新星に中国人「怖い」、抗日ドラマの“日本鬼子”を彷彿?

no title


得点力に悩むザックジャパンの新たな“救世主”候補として注目を集めているアルビレックス新潟のFW川又堅碁選手。
先日行われた第30節ではザッケローニ監督の御前でハットトリックの活躍を見せて得点ランク2位に躍り出るなど
その存在感を高めているが、そんな川又堅碁選手に対する注目度がお隣中国でも上がってきた。
サッカー選手としての実力はもちろん、その容貌にも関係しているようだ。

微博(中国版ツイッター)上では多くの中国人ユーザーが日本代表関連の情報を発信しており、
新しい選手が招集されたり、注目の選手が現れたりすると、その都度紹介されるのが常。
川又堅碁選手もその得点力が認められ、日本のメディアでも注目株として取り上げられていることから、
中国人ファンが注目するのも至って自然なことだろう。

ただ、川又堅碁選手の場合はほかの選手と異なり、別の意味でも注目を集めているようだ。
それが容貌。掲示板などで紹介されている同選手の写真を見たネットユーザーの一部は
「怖い」「凶悪そう」などと感想を漏らす。もちろんこれは冗談半分の意見と思われるが、
確かに川又堅碁選手の容貌は中国で放映されている抗日ドラマに登場する“日本鬼子”を彷彿させるのも確か。
短髪、ちょび髭、つり上がった眉などが、抗日ドラマを見馴れている中国人の
“日本鬼子”のステレオタイプなイメージに合致してしまったようだ。

そこから派生してネットでは「(川又堅碁選手の)攻撃力は絶対すごいハズだ」
「中国代表DFは彼を前にしたらすくみ上がるに違いない」などと面白可笑しく論じられている。
ザックジャパンは11月の欧州遠征メンバーをまだ発表しておらず、川又堅碁選手が
招集されるかどうかも未知数だが、仮に選出されるようなことにでもなれば、
中国ではさらに盛り上がりを見せることになるかもしれない。

http://www.narinari.com/smart/news/2013/10/23557/

続きを読む

日本代表・ザッケローニ監督 「1トップ巡礼」の旅…“新潟のゴン”川又堅碁の視察へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 大梃子φ ★ 2013/10/26(土) 07:35:51.07 ID:???0
 日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(60)が25日、都内で行われた
「小倉純二氏の叙勲を祝う会」に出席した。今週末は26日のリーグ戦・広島-仙台戦(Eスタ)、
27日に新潟-湘南戦(東北電)を視察。リーグ戦17点で得点ランク2位の広島FW佐藤寿人(31)、
同じく2位でまだ一度も招集していない新潟FW川又堅碁(24)を中心に視察する“1トップ巡礼”の旅となる。

 台風接近による大雨にも負けず、ザッケローニ監督は1トップ探しの旅に出る。
26、27日の2日間で、代表入りのボーダーラインにいる広島FW佐藤、
24歳の成長株・新潟FW川又堅碁らを軸に熱視線を送る。

 「できるだけ多くの試合を見たい。(川又堅碁は)ほかの選手同様、調子がいい選手のひとりだ」
と語るにとどめたが、期待は大きい。佐藤は昨年10月の欧州遠征で選出。
川又堅碁は5月3日の清水戦(アイス)でJ1初ゴール後、17点を積み上げ、
日本代表に入れば、もちろん初選出になる。

 10月の欧州遠征ではFW柿谷(C大阪)が本来の力を出せずに2試合連続無得点。
他の候補者の選出の可能性を探る必要にも迫られている。

 豪快な左足シュートと闘争心あふれるプレーが持ち味の川又堅碁について、
かつて磐田で元日本代表FW中山雅史、高原直泰(現東京V)らを直接指導した
新潟・柳下正明監督(53)は「あの2人と比べると、ケンゴ(川又堅碁)はまだまだ。
でも、相手DF陣が密集して危険な場所に怖がらずに飛び込むメンタルの強さは
ゴン(中山)に似ているかな」と評した。“新潟のゴン”は、これまでザッケローニ監督が視察した
4試合では無得点。気負いすぎず、勝利につながるゴールが不可欠だ。

 小倉名誉会長から「(来年W杯開催地の)ブラジルで花を咲かせてほしい」
と激励されたザッケローニ監督は「その気持ちは強い。小倉会長が思っているより上に行きたい」。
年内最後の欧州遠征へ向け、最善の準備を進める。

http://www.sanspo.com/soccer/news/20131026/jpn13102605050001-n1.html
http://www.sanspo.com/soccer/news/20131026/jpn13102605050001-n2.html
得点ランキング2位の川又堅碁。ザックの御前試合で結果を出せるか
no title

続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
逆アクセスランキング
アマゾン
アクセスランキング ブログパーツ