栗原勇蔵

第3のCB・栗原勇蔵に問われる本気度 いまこそ覚醒すべき未完の大器

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1 :そして誰もいなくなったヽ(`Д´)ノφ ★:2013/06/25(火) 00:27:38.31 ID:???0
第3のCB・栗原勇蔵に問われる本気度

いまこそ覚醒すべき未完の大器


拭えなかった「お客さん意識」

10代のころから「松田直樹に匹敵する身体能力を誇る大器」と期待され
、岡田武史前日本代表監督にも「ものすごいポテンシャルを持った選手。
このまま終わってもらっちゃ困る」と繰り返し言われてきた栗原勇蔵。
しかし、破天荒そうに見えて意外にナーバスな性格が災いしたのか代表定着は遅く、
ザックジャパン発足後から本格的に常連メンバーとなった。

 それでも本人の中ではどこか「お客さん意識」が拭えなかったようだ。
今の代表は北京五輪世代が中心で、1世代上の彼にはちょっとした疎外感があるのかもしれない。
「自分は代表に行くといつもピリピリしてる。真司なんかミーティングに遅刻しそうになって
長谷部(誠)に怒られそうになってたけど、俺なんか絶対に遅刻できない。
だからかなり前に行ってる」と苦笑いしたこともあるほどだ。

 こうしたメンタル面と、11年アジアカップ(カタール)を棒に振ったことで、
この2年半、彼は「第3のDF」の位置づけから脱しきれなかった。
チーム発足初戦のアルゼンチン戦(埼玉)では1?0の完封勝利に貢献し、
吉田が負傷離脱した昨年6月の最終予選・ヨルダン戦(埼玉)とオーストラリア戦では
得点も奪うなど要所要所でいい仕事をしてきたが、ザッケローニ監督の吉田や今野への絶対的信頼は揺るがなかった。


>>2以降
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/sports/soccer/japan/2013/columndtl/201306240001-spnavi?page=2
続きを読む

先発もアピールならず 細貝萌「しんどい」栗原勇蔵「本当なら萌に…」

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1 :ぴぃとφ ★:2013/06/23(日) 20:46:51.76 ID:???0
コンフェデ杯1次リーグA組 日本1—2メキシコ (6月22日 ベロオリゾンテ)

 先発の機会を得た細貝と栗原は、十分なアピールとはいかなかった。出場停止の長谷部に
代わって守備的MFでフル出場した細貝は「前半途中から相手がボールを持つ時間が長くなり、
しんどい中でのプレーになった」と厳しい表情。相手の縦パスをつぶす場面は少なく、持ち味を
発揮したとはいえなかった。

 吉田に代わって先発起用された栗原は、先制点の場面でクロスを上げる相手に気を取られ、
走り込むエルナンデスをフリーにしてしまった。「後悔しているのは、自分がサイドにつり出されたとき、
本当なら萌(細貝)にいってほしかった。一瞬でやられた」とうなだれた。(共同)

引用元:http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2013/06/23/kiji/K20130623006072450.html
スポニチ Sponichi Annex:http://www.sponichi.co.jp/
続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
逆アクセスランキング
アマゾン
アクセスランキング ブログパーツ