楢崎正剛

【日本代表】川島永嗣がミス連発… そこで楢崎正剛、代表復帰待望論(東スポ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 :五十京φ ★:2013/07/05(金) 17:31:02.96 ID:???0
日本代表に“守護神問題”が勃発した。
2010年南アフリカW杯から正GKとして活躍する川島永嗣(30=スタンダール)が最近ミスを連発するなど不振に陥っている。

国際親善試合ブルガリア戦(5月)ではFKからのボールを後逸。
ブラジルW杯アジア最終予選オーストラリア戦(6月)ではクロスの落下位置を見誤った。3連敗したコンフェデ杯では9失点。
1次リーグ初戦ブラジル戦では、屈辱の股抜きゴールも決められ、パフォーマンスは決して良くない。

「川島? 確かに最近ちょっとミスが目立つ」と日本代表OBは状態を不安視。
Jクラブのコーチも「メンバーが固定されているのはどうか。新戦力を入れた方がいい」と指摘する。
そこで関係者からは、かつて“最強の守護神”と呼ばれた元代表GK楢崎正剛(37=名古屋)の復帰を求める意見が飛び出した。

現役のGK選手は「今でも日本で一番うまいGKはナラさん。(日本代表に)いないのがおかしいし、全然いける」。
また日本代表選手の代理人は「ブラジルW杯には楢崎を連れていくべきだ。チームの精神的支柱になれる存在」と代表復帰を熱望した。

1998年フランスW杯から4大会連続出場した楢崎は、
川島にレギュラーを譲った南アフリカW杯後の10年9月の親善試合グアテマラ戦後に“代表引退”を表明。
ただ、まだまだ正GKの座も十分に狙える実力がある。豊富な経験と実績はザックジャパンにとって大きな戦力となるはずだ。

日本代表GKには、西川周作(27=広島)や権田修一(24=FC東京)も控えるが、実力者の楢崎が加入すれば競争も激化。
来夏のブラジルW杯を見据え、日本の守護神争いも注目だ。

64eb5d358b90cda070296a3f9b64d093-187x300
代表復帰が望まれている楢崎正剛

2013年07月05日 16時00分
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/158733/
続きを読む

【名古屋グランパス】「センターバックはそんなに行く必要はない」楢崎正剛、闘莉王&増川へ深くまで攻撃参加しないよう要求

このエントリーをはてなブックマークに追加  
1 :大梃子φ ★:2013/07/02(火) 10:33:19.78 ID:???0
楢崎、守備の意識改善を提言

 名古屋グランパスのGK楢崎正剛(37)が守備の意識改善を提言した。6月26日、29日の
2度の練習試合では大学生相手に攻撃面は機能したものの、守備面ではいずれもカウンターから
失点を許した。楢崎は攻撃的な新戦術の一方で守備の意識が曖昧になりつつあることに
警鐘を鳴らし、積極的に話し合っていく方針を示した。
 繰り返される守備のほころびに、守護神の顔は浮かなかった。
「カウンターをくらっていつもやられていたのに…。それを防がなきゃいけない」。
大学生相手に主力組が2試合連続の失点。しかも5連敗の教訓が生かされていない
カウンターでの失点に、楢崎は危うさを指摘した。
 この中断期間に取り組む新戦術では、サイドを押し上げ前線で数的有利をつくるため
中央にスペースができやすく、カウンターの危険は高まっている。29日の阪南大戦では
自陣から攻撃を組み立てている最中にDF阿部がボールを奪われ失点につながった。
ストイコビッチ監督は「個人のミスは助けられない」と話したが、個人のミスを周囲がカバーし、
失点のリスクを最小限にするためにも全体が攻撃から守備に素早く切り替える意識を
高めなければならない。
 また、26日の常葉大浜松戦では、最終ラインの守備の人数が足りていたにもかかわらず、
横にドリブルする相手に対して誰が奪いに行くのかがはっきりせず、ゴールを許した。
楢崎は「それぞれのポジショニングと(ボール保持者への)アタックの意識、どこでやられたら、
(カバーに)誰がいくのかというのができていない」と指摘。
さらに「センターバックはそんなに行く必要はない」と、闘莉王、増川に対して
深くまで攻撃参加しないよう求めた。
 リーグ再開となる6日の清水戦まであと4日。
「これからはもちろん相手が厳しくなるし、リスクも高くなる」と楢崎。
この1カ月間でチームが変わったことを実証するためにも、守備陣を中心に話し合っていく。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/grampus/news/201307/CK2013070202000086.html
セービングの練習をする楢崎=トヨタスポーツセンターで
PK2013070202100105_size0
続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
逆アクセスランキング
アマゾン
アクセスランキング ブログパーツ